こんにちは。管理人のキャノ子です。
今回は、番外編で 
リスカ跡・タトゥーを隠すメイク
のご紹介をしたいと思います。


というのも、かなり前に保存していた データを
たまたま見つけたので、せっかくなら使おうかと。

↓この傷が
C665B8C3-5D6A-4266-A46B-6A3ABAE2D938


↓このくらい隠れます。(※写真ではわかりづらいですが、光が当たると多少凹凸がわかったりします。完全に隠れるわけではありません!)

39629D06-D289-4940-B279-4C9FB6434B85


YouTubeでも動画をあげているのですが、
商品についての質問が
かなり多かったので、
ブログ形式で 画像を添えながらご紹介していきます。


※このメイクはあくまで跡を隠すものなので、
 切りたての傷口にしてしまうと沁みたり、
 ポロポロしてしまいます。(経験済み)




↓動画はこちらから見れます。
袖につかないアムカ・リスカ跡隠しメイク



手順は下記の通り。順番に詳しく説明させていただきます。



①化粧下地を塗る


まず、化粧下地を塗ります。

29C1E649-96B1-4E29-876B-E3B892D66582

使用した化粧下地は、
kanebo メディアUVプロテクトベースSですが、
化粧下地であれば 別のメーカーさんや、別の商品でも全然大丈夫です。
自分の肌に合った色のものを使ってください。
 

グリーンベースになっている化粧下地などおすすめです。
緑と赤は補色なので、赤みを消すことに適しています。


いろいろご説明しましたが化粧下地であれば何でもいいので、
薄く延ばして塗ってください。

169B4CD0-3F94-455B-BFC3-AE94A0B79D10

下地を塗るだけで色がだいぶ薄くなります。


②コンシーラーを塗る


お次はコンシーラーを塗っていきます。

B895E7C0-8D89-4BEA-92AE-36ED884A2541

使用したものはザ・セムのスティックタイプのコンシーラーです。
スティックタイプの方がゴリゴリと塗りやすいのでおすすめです。

リキッドタイプを使用する場合は、
厚めに塗るとうまくいったと、
YouTubeのコメントで教えてもらいました。(この場合、乾燥した時に割れやすくなると思うのでそこだけ注意!手直しが定期的に必要かも?)



ボコボコを埋めるようにがっつりゴリゴリと塗ります。
塗ったら、指でやさしくポンポンとたたいて馴染ませていきます。

544E0331-FE9D-4CC7-A929-F7F48B8457C6

赤みは消えたものの
肌との境界線が、まだわかりやすいです。

③フェイスパウダーを塗る


フェイスパウダーをはたいていきます。

31F4F24D-A4A4-4768-BA02-5D844E7419FF

メディアのフェイスパウダーを使いました。

ただ値段が少し高いので、ちふれさんの商品とかいいと思います。
ちふれを使って隠していた時期もあるのでおすすめできます。



粉をたっぷりとパフにとり、これでもかというくらいはたいていきます。
ポンポンポンポンポン!!!

コンシーラーのべたべた感を完全に消し去ります。

415F08DB-4BB3-4EA4-B5D8-1C95091E83BA

コンシーラーの違和感はこれで大体消えます。
境目も色自然に。


④粉をブラシでおとす


粉をブラシで軽く落としていきます。
AB0FE4AE-C45D-4951-8FA8-141478CE8674

ブラシはマジでなんでもいいです。
大き目で粉をはたければなんでもいいです。
百均でもドラッグストアでも安いので大丈夫です。

ササさーっとはたいて落としていきます

26097F31-DF80-4F37-8901-2B340373B73E

うん!境目の色の違和感なし!

⑤ヘアスプレーをする


ヘアスプレーを吹き付けます。
これにより衣服にメイクがついてしまうのを防ぎます。

商品は、ロレアルプロフェッショナルエルネットピュール、ハードタイプのものです。


6268ACCA-5DF4-4A24-91DD-ED396B985739

全体にシューっと。

ヘアスプレーも何でもいいです。ケープとかでもいいかと。(YouTubeのコメントで、虫除けスプレーでもいけたとの報告有り!)私が何年か使用していた限りでは、メイクの上からかけているというのもあり、このヘアスプレーの影響での肌荒れは特にありませんでしたが、気になる方や肌が弱い方はメイクキープスプレーを使うとよいかとおもいます!(こっちを使っていた時期もありました)


E3473DDC-611A-4677-9FAA-A955B8FACFE4


全体に吹き付けたら、完成です!


39629D06-D289-4940-B279-4C9FB6434B85


遠くから見たら完全にわかりません。しかし、初めに書いた通り、光の当たり加減で多少凸凹は見えますのでご注意を。


落とす時はクレンジングオイルやメイク落としシートを使います。
ぬるま湯も使うとなおよし。
がっつりなメイクなので時間をかけて落としてください。


私はこのメイクをコンビニ・居酒屋・美容院のバイトの時に行っていました。


コンビニでは洗い場の仕事はなかったのですが、
多少薄れるなどはありました。あと、長時間シフトの場合はひび割れの可能性もあるかもしれません。

居酒屋では洗い物をするときなど、水がかかってこすれていってしまいました。
美容院でも同じく、人の頭を洗うのでこすれていかないわけがなく...


そういった時に備えて、メイクポーチをバイト先では常備していました。
その中に手直し用にこのメイクに使う道具一式を入れていました。
ヘアスプレーも容量の少ない、ポーチに入る小さなものを用意しました。
(コンビニでよく売ってる)


お手洗いに行ってきます、といいつつ
トイレの中で手直しをして...といった具合でした。


なので、プールや温泉で隠したい、
というかたにはあまり向かないかなと思います。


プールや温泉で隠したいという方は、
ファンデーションテープ、もしくは肌かくしーとがおすすめです。



私も実際に使用していましたが、これはメイクと違って
水では落ちないので安心して使えます。
メイクほど自然ではありませんが...(完全に肌と同じ色のものはないのと、肌と質感が違うため、境目がわかります。)



夏になると、半袖が着られなくて悩むリストカッターさんはとても多いと思います。
このメイクで、夏場に半袖を切れる人が一人でも増えたらいいなぁと思います。